若おかみは小学生!

2018 日 地上波でやっていることを直前に知り、 評判がいいみたいだったので見てみることに。 原作の存在は知っていたものの、 ・少し前だよね? ・ライトノベルだっけ?(実際は児童文学の様子) という程度の認識。 冒頭は作業しながら見ていたので 事…

メン・イン・ブラック インターナショナル

2019 米 シリーズのナンバリングではなくスピンオフという位置づけらしい。 このシリーズとの個人的な関りは 1は見たがあまり覚えていない。 2は見たかもしれないが覚えていない 3は少なくとも断片的には見た。 という程度の状態。 まあスピンオフなので…

世界でいちばん美しい村

2017 日 2015年、ネパールで大地震が発生。 震源地近くの村に入った監督は、 そこに生きる人々の営みを記録に残した。 まず、村を取り囲む山々は絶景。 一方、それだけに 地滑りの問題など、ここで暮らすということの大変さも実感できる。 メイン家族の女の…

リメンバー・ミー

2017 米 以前からチェックはしていたものの、 手にする機会がなく、ようやく地上波で鑑賞。 「死者の日」にまつわるお話、ということで 「一体どういう話になるのか」と思っていたところ、 まず、 メキシコのお盆のような死者の日の習慣を観客に一目で理解さ…

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

2018 米 シリーズ6作目。 ストーリーというより トム・クルーズのアクションを楽しむ映画かと思うが、 彼はどんどん凄まじいこだわりを見せているようで、 ヘリの操縦をしたりダイビングをやったり、骨折したりと、 よく撮り終えたという感じだったらし…

翔んで埼玉

2018 日 地上波でやっているのを鑑賞。 埼玉だけじゃなくオリジナルで千葉も登場しているのか。 序盤はぶっ飛んだ楽しさだったが、 徐々に面白さは薄れてしまったのが残念。 ストーリーも進めないといけないし、 同じクオリティを維持するのは難しいだろうな…

グリーンブック

2018 米 今年もアカデミー賞の時期ですが、 2019受賞作を今さら。 黒人のピアニスト、ドク・シャーリーが 差別の残る南部を演奏旅行することになった。 運転手として「トラブル解決能力」の高いトニーが選ばれた。 黒人への差別意識のあったトニーだ…

万引き家族

2018 日 話題作を今さら鑑賞。 監督は年金不正受給の事件からインスピレーションを受けたらしいが、 本作はそれだけにとどまらず、 日本社会から切り捨てられた弱者の叫びを詰め込んだような内容になっている。 樹木希林演じるばあちゃんの家に集う家族…

スターリンの葬送狂騒曲

2017 仏 英 ベルギー カナダ 1953年、スターリンが急死。 後継者は指名されていなかったため、 秘密警察トップのベリヤ、共産党第一書記のフルシチョフ、 腹心のマレンコフらは権力を巡って策謀を巡らせるのだが・・・ ブラックコメディーということで、 目…

ちはやふる -結び-

2017 日 競技かるたを題材にした漫画の映画化。 上の句・下の句に続いての三部作完結編。 相変わらず原作は未読です。 下の句ではたしか団体戦の描写が減少していたので 少しいまいちだった記憶が。 しかし本作では団体戦メイン、むしろそればかり、 という…

カメラを止めるな!

2017 日 昨年一といってもいい話題作。 今更ながら、ついに地上波で放映されたので鑑賞。 うん、内田けんじ系ですね。 ということで以下ネタバレ注意です。 冒頭、長回しで撮影されるゾンビ映画。 ゾンビ映画はほとんど見ることがないため、 ジャンルと…

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

2017 米 フロリダのディズニーランド近くの安モーテルで暮らす少女が主人公。 楽しい夏休み、冒険がいっぱい。 カラフルな夢の国の街並みで夏休みにはしゃぐ彼女と友人たちの描写を通し、 彼女の意識していない現実が少しずつ観客に伝わってくる。 モーテル…

ファントム・スレッド

2017 米 ポール・トーマス・アンダーソン監督。 とはいえ不勉強でこれまで全く見たことがない。 この映画、以前映画評で見た際に 「恐ろしい話」というニュアンスで紹介されていました。 ところがラブロマンスというシールが貼ってあるし、 見始めると確かに…

3月のライオン 後編

2017 日 前篇同様駆け足ではあるが、 後篇の方がうまく話が展開していて良かったと思う。 幸田家に結構スポットが当たっていましたね。 零のトラウマの多くはここにあるのだから、妥当なところと言える。 一方、川本家の父親の方はどうしようもない人という…

3月のライオン 前篇

2017 日 人気将棋マンガの映画化。 家族を失った天才高校生棋士、桐山零。 引き取られた家庭での複雑な生い立ちから現在一人暮らし。 心を閉ざし孤独に生きてきた彼が、 出会った3姉妹との交流の中で人間らしさ?を取り戻していくといったお話、 のはず…

クーリンチェ少年殺人事件

1991 台湾 以前、名前だけちらっと見たことがあった作品。 長い間、権利関係でDVD化できなかったものの、 この度デジタルリマスターされたとのこと。 この作品では一部の字幕を除いてほとんど状況説明のシーンはない。 そして、舞台は1960年頃の台湾…

バーフバリ2 王の凱旋

2017 印 前作で途中で終わった回想シーンの続き。 前半はコミカルかつさわやかなお話。 バーフバリはあまりに好青年過ぎて、うざいくらいの白馬の騎士ぶりでさえ 許せてしまうキャラクター。男女問わず感情移入できるわけです。 さて、後半になり、主人…

バーフバリ 伝説誕生

2015 印 インドで興行収入記録を達成したらしい話題作。 日本でもしばらく前に 一部でブームになっていたようだが今更鑑賞。 曰くありげな冒頭から、主人公バーフバリが成長し 超人ぶりを発揮して大活躍していき、なかなか楽しめる。 ところが、途中から…

スリー・ビルボード

2017 米=英 田舎町の片隅に立つ3枚の広告看板。 長年放置され見るものもなかったが、ある広告が出されることに。 その内容を巡って町は紛糾し、 ある者は激怒し、ある者は忸怩たる思いを抱え、 ある者は吐き出しどころの無い憤懣と自責に苛まれ続けるのだが…

聲の形

2016 日 「君の名は」「この世界の片隅に」と並びチェックしていたアニメ作品。 レンタル開始後、地上波初放送まで見るのが遅れたのはやや失態。 テーマからわかっていたものの、思った以上に重い作品でした。 鑑賞時は別件で少しショックなこともあり、 し…

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

SF

2017年 米 説明不要のシリーズ8弾。 前作のあらすじをほとんど覚えていない程度の人物によるレビュー。 ・主人公を誰にしたいのか。こういう方針で行くのかなぁ。 ・敵のボスはやけにあっさり死んだな ・「ミッションインポッシブルがどうせ成功するんでし…

パターソン

2016 米 姓と同名の街でバスドライバーとして生きるパターソン。 6時過ぎに起床、一日運転、日没前に帰宅、ポストを直す、 ユニークな妻の料理、犬の散歩、一杯のビール。 毎日毎日規則的な彼の日常で変化と言えるのは 好奇心あふれる愛妻の行動、乗客の会話…

メッセージ

2016 米 世界各地に未確認物体が現れた。 一応、意思の疎通は可能なようだが、 言語の解読ができないので主人公の言語学者が呼ばれ・・・ というお話。 冒頭から宇宙人との邂逅辺りまでは出来が良くドキドキさせられた。 一方後半の展開はご都合といえばご都…

ムーンライト

2016 米 アカデミー賞受賞作。 不幸な生い立ちの黒人少年の物語、というのは知っていたので、 何かヒューマンドラマ的な救済があるのかと勝手に思っていた。 ところが、それらしきものがあるのは序盤だけ。 細いよすがの糸(一条の光)も切れ、何もなくなっ…

この世界の片隅に

2016 日 最近映画をおろそかにしていてどうかと思いますが、 ぼちぼちと更新していきます。 キネマ旬報1位など各賞受賞の傑作を、 ようやく今になって鑑賞。 原作者の同じ映画、「夕凪の街 桜の国」は、 田中麗奈の声が合わなかった、 という記憶しかない(…

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

SF

2016 米 スターウォーズのスピンオフ的作品。 エピソード4で主眼のデス・スター攻防戦、 そのデス・スターの設計図をどうやって入手したのか、が描かれている。 主人公は冒頭で救い出されたのに大人になってもまだ手錠? なぜ?と思ったものの なるほどヒー…

ルーム

2015 カナダ アイルランド 部屋の中しか知らない5歳の息子。 誘拐され7年も監禁されている母親。 二人は狭い部屋の中で暮らしていた。 部屋を脱出してからが本番の映画、と聞いてはいたのだが、 脱出までのシーンに約半分が割かれており、 制作陣が対比を重…

君の名は。

2016 日 だいぶ更新空いてしまった。 映画見なさすぎなのでもうちょっとなんとかしたいところ。 言わずと知れた大ヒット作を今更。 あらすじは都会と高山の高校生の話、 という以外全く知らなかったけれど、 なんとなく恋愛要素の強い作品?というイメージは…

アバウト・シュミット

2002 米 保険会社で定年を迎えたシュミット。(ジャック・ニコルソン) 手持ち無沙汰なので会社に行って後任者に経験を伝えてやろうとするも、 あっさり「用はなし」と対応される。 42年連れ添った妻は最近やることなすことイライラの対象でしかない。 (相…

ありがとう、トニ・エルドマン

2016 独 ふざけるのが好きなヴィンフリートは、 今日も配達員をからかって楽しんでいた。 しかし、老いた母親と犬は、どちらも具合が悪そう。 久々にルーマニアから帰って来た娘は、電話で席を外してばかり。 人生、なかなか楽しめないこともあるもんだ。 そ…