読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュー・シネマ・パラダイス

ドラマ

 

1988 仏 伊

ジュゼッペ・トルナトーレ監督

・あらすじ

第二次大戦後。

シチリアの小さな村の唯一の娯楽は映画館。

映画が大好きなトト少年と、映写技師アルフレードの友情を中心に

あふれんばかりの映画愛と人間愛を描いた名作。

劇場公開版と完全版があり、

後者ではヒロインであるエレナのエピソードを見ることができる。

 

・感想

これまでに一番多く見た映画で、見るたびに号泣してしまう。

かわいいトト少年。

映画大好きな村人たち。

母のトトへの愛。毛糸玉。

アルフレードとトトの友情。自転車。50リラ。テスト。懺悔。

中年のトトを演じたジャック=ペランの表情がとてもいい。

反則ともいえるラストシーン。

 

アルフレードがトトの映画を見ることができたら喜んだだろうなと。

 

 

さて、冒頭で2つのバージョンがあると書きましたが、

あとから入手可能になった完全版の賛否が分かれている。

じゃあどっちから見たらいいんだよと思いますね。

 

劇場公開版は郷愁がテーマといえそう。

トトとアルフレード、二人を結びつけた映画、

きれいにまとまっていて完成度は非常に高い。

父代わりの友人、子供のころの映画愛と思い出。懐かしい初恋。

素直に感動したい、楽しみたい方はこちらがおすすめ。

私はこちらを何度も見ており、

エレナとの恋愛は青春の付属要素という認識。

 

50分ほど長い完全版では恋愛も大きなテーマとなっている。

アルフレードと映画だけでなくエレナも主題となり、

すれ違いの真相や現在の二人について結構長く描かれる。

終盤が中年男女の恋愛劇なんですね。

これは上記劇場版の、

素直な美しいノスタルジーを求める方からすれば蛇足 という声もわかる。

トトの人生劇としてみれば、

単純に美しい過去だけ描くより深みが加わるともいえる。

 

どちらがお好みでしょうか。

 

この映画、エンニオ=モリコーネの音楽は有名で、

テーマ曲はCMや挿入曲としてもよく使われています。

以前シチリアに行った際サントラを聞きながら感慨に耽りました。

そのうちロケ地巡りもしてみたい。

 

[]