読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗殺の森

1970 伊独仏

ラストエンペラー」などのベルトリッチ監督作。

1930年代のイタリア。

 

主人公は少年期のトラウマのため、

自分が異常ではないかという恐れから

「正常」であることを強く求め

当時大勢を占めたファシストになることを決意する。

命じられたのは学生時代教えを受けた教授の動向を探ること。

彼は反ファシストとしてパリで活動している。

途中、命令は内偵から暗殺へと変化する。

教授の美貌の若妻にひかれる主人公。

 

優柔不断な彼は任務をためらうが、やがてその時が訪れる。

しかし最後までダメなままの主人公。

時は流れムッソリーニが失脚。

 

これまで「正常」であったファシストはもはやイタリアの大勢ではない。

彼の「正常」さは失われてしまった。

そんな折彼は街中でトラウマの原因を作った男と遭遇する。

「お前のせいで人を殺す羽目になった」的に罵り、罵倒する主人公。

 

トラウマなのはまあわかるが、

ファシスト入党、人殺し、すべて責任転嫁である。

アイデンティティーを失いさまよう彼が怠惰に座り込む姿で映画は終わる。


退廃的なイタリアを描いており

ヴィスコンティと似た雰囲気がありますね。

映像美を絶賛する人多しのようで、たしかに映像はきれいな映画。

ストーリーは練った脚本という系統では全然ないので

あまり気にせず撮影を楽しむ映画のようです。

人妻のドミニク=サンダ(撮影時20歳か19歳、若い!)が超美人。

主人公の妻役はチャーミングで愛らしい。

 

[]