読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東ベルリンから来た女

ドラマ

2012 独?

1980年 東ドイツ

出国申請をしたためにマークされ、

東ベルリンの病院から田舎に左遷された主人公バルバラ

秘密警察(シュタージ)の監視付きで、

他人と交わろうとしない氷のような女

彼女に好意的に接してくる医師にも冷たい

一方、小児科医の彼女は患者に対しては真摯

いくつかのエピソードが起こる


そんな彼女だが西側にいる恋人の手引きで亡命する手はずが整う

いよいよ決行の日がやってきたのだが・・・


ベルリン映画祭銀熊(監督)賞らしい、しっかりした作りの映画です

暗いような内容だけど、

同僚医師は置かれた環境のなかでも誠実に生きてるし

ドイツの田舎の景色は美しく、そう陰鬱な気分にはなりません


そしてラストの主人公の選択により、

前向きなインパクトを受けること必須かな

人間性の発露というかね

感情を押し殺して生きることはできないってことでもあるかも


なかなかの良作です

 

[]