読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガスパール 君と過ごした季節

ドラマ

1990 仏

 

ガスパールとロバンソンは働いていた錠前屋が倒産し失業中。

南仏の海辺でレストランをやるべく廃屋の修繕に励む。

夜は前職を生かし家屋に侵入して食料をいただく日々。

 

ロバンソンは母に捨てられ宿無しで街をさまよった経験を持ち、

似た境遇の人に手を差し伸べずにはいられない。

 

ガスパールは妻子に去られた経験を持ち、ぬくもりを嫌い、

孤独と自由に落ち着きを見出している。

 

若く人懐っこく、無邪気なロバンソン。

そんな彼の人の好さを心配し、

悪態をつきつつも時折ふざけ合う中年のガスパール

 

ある日ロバンソンは道をさまよう老婆をみかね、一緒に住まわせる。

嫌がるガスパールだったが、彼も表現の仕方を封じているだけで、

根はやさしい人間なので結局受け入れ、

三人は次第に家族のように情を交わしていく。

 

そして街で見かけた母娘に同情したロバンソンは彼らを気にかけ、

また、若い母親に一目ぼれをする。

貴重な食料を恵むことをよく思わないガスパールだったが、

偶然遭遇した彼らの危機を見過ごすことができず、同居することになる。

 

疑似家族として馴染んでいく4人に対し、

彼らと喜びを分かち合いつつも、逆に孤独を募らせるガスパール

彼は苦悩の末、別の道を選ぶのだった・・・

 

ミシェル=ルグランの音楽がとても抒情的で切なく、

悲しみを包含して生きる登場人物たちとマッチしている。

 

ロマのルーツを持ち、弱者に優しい目線のトニー=ガトリフ監督。

もう少し見てみようと思いました。

 

[]