読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵泥棒のメソッド

コメディ

2012 日

 

練った脚本を書く内田けんじ監督。

 

・出版社で働く香苗(広末涼子

生真面目な彼女は男とろくに付き合ったこともない。

ところがある日、どうしても近日中に結婚すると宣言する。

 

・売れない役者の桜井(堺雅人

女に振られ、首をつろうと試みたが、

ポケットに銭湯の無料券があることに気づき、

とりあえず行ってみることに。

 

・殺し屋のコンドウ(香川照之

首尾よくターゲットを片付けたものの、道路が渋滞。

仕方がないので通りがかった銭湯に立ち寄ることに。

 

しかしこれが文字通り躓きの始まり。

コンドウは浴場に足を踏み入れた途端、

桜井のせいで遠くからすっ飛んできた石鹸に滑りド派手に宙を舞ってしまう。

このシーンは必見。ここだけでも見る価値があります。

 

強かに頭を打ったコンドウは病院へ。

その際、桜井はコンドウのロッカーのカギを自分のものと入れ替えてしまう。

 

コンドウは記憶喪失になり、戸惑いながらも桜井の人生を歩みだす。

ひょんなことからコンドウと知り合い、彼の生真面目な人柄に魅かれてく香苗。

 

一方桜井はコンドウの有り金で大盤振る舞い。

さらに調子に乗り、「殺し屋コンドウ」として振る舞っていくのだった・・・

 

 

うーん、べたかもしれないけど、設定からして面白い!

 

この後は桜井が妙な正義感を発揮したり

依頼人のヤクザに素性がばれそうになったりして

コメディ色の強かった前半から、

結構ハラハラするサスペンス調の物語になります。

 

 

 

桜井の住んでるアパートがまたよく探してきたなという感じのボロさ。

 

コンドウの字がやたら綺麗ですがあれは代筆。

桜井の汚い字は、堺雅人本人の字だそうです。

 

[]