読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jエドガー

ドラマ サスペンス

2011 米

クリントイーストウッド監督、ディカプリオ主演

と聞けば、おっと思うかもしれない。


FBI初代長官エドガーフーバーなる人物の半生を描いたもの。

 

・プラスの面

FBIを規律組織化した

(ボニーアンドクライド=「俺たちに明日はない」のような、
州を越えたら州警察の管轄外で捕まらないということへも対処)

 

旧態然とした現場に科学捜査を導入した
(指紋、筆跡、木材の切り口から製材所を分析など)


△大きな事件を利用し捜査官の武器携行や権限拡大を実現


・マイナスの面

盗聴、違法行為なんでもござれ
「国家のためだ」「世間は無法への警戒心がない」
確かに警察力も高めたが、反面自己保身・権力維持の目的も大

大統領や権力者の秘密もたくさん探り、脅迫して権力を強めた
誰も彼をクビに出来なかった

犯罪者、共産主義キング牧師を憎む一方、組織犯罪であるマフィアは容認。
むしろ収賄を受け、自分の好きな賭博行為の容認など手を結ぶ


・プライベート

かなりの人種差別主義者

ザコン

同性愛者

コンプレックス多

虚栄心かなり強し


まあこういう映画ですが、日本では売れなかったとか。

 

初代FBI長官がどういう人物だったのか、というだけの映画なので、

娯楽要素は全然なく、日本での知名度もどれだけのものか不明ですしね。

ディカプリオは熱演してますが、

本人に特に興味がなかったので実際面白くはなかったです。


上記のように権力者の秘密を握り、

権力への執着心も凄まじかったことにより、
なんと死ぬまで48年間もFBIの長官だったという怪物。

 

[]