読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イングロリアス・バスターズ

2009 米

タランティーノ監督作品。


以前、「この監督あまり好きじゃない雰囲気だけど、少しは見てみるか」

と思ってデビュー作で評価の高い「レザボアドッグス」を見たんです。


そしたら予想以上にグロすぎて最後まで見るのがかなりつらかった。


で、それ以来やはり見ないようにしてたんですが、

先日あまり借りる作品考えずにツタヤに行ってしまい、

つい借りてしまった。

 

ブラッド=ピットがナチ狩り部隊「バスターズ」の隊長。

長い割に思ったより楽しめました。

まあ頭の皮をはぐなどグロい部分はあったけどね。
しかし個人的には「レザボア」よりはかなりましだったので。

 

銃撃戦で人もたくさん死ぬけど
その点は個人的にはさほど問題ない。

 

このあたりが嫌な人はやはり回避推奨です。


助演男優賞を軒並み受賞したという

ナチ将校役のクリストフ=ヴァルツの演技は良かった。
これは見る価値がある。

 

一方意味不明なのはドイツの英雄狙撃兵ですかね。

 

彼が一目ぼれした

フランス人の映画館主(死ぬほどナチ嫌い、メラニー=ロラン)

の気を引くため、知人のゲッペルスに頼み込んで

「ナチプロパガンダ映画のプレミア上映を彼女の映画館に急遽変更する」

ってのはどうなの。

 

そうなってもらわないと話が進まないとはいえ、

そんなことしても気は引けないどころか嫌われると思うんだけど・・・

 

この映画こういうのは随所にあって、

いわば三谷幸喜的な、細かいところは気にしないエンターテナー、

という感はあり。

 

言葉遊び、セリフの使い方や印象的な映像が

タランティーノ監督の魅力みたいなのでまあこれでいいんでしょうね。

[]