読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁義なき戦い

ドラマ クライム

1973 日

 

戦後繰り広げられた広島ヤクザの抗争を、

手記をもとに綴った原作を映画化。

 

これまでヤクザ映画といえばいわゆる任侠道、

美化されたものだったのに対し、本作では義理人情はどこへやら、

裏切り、暗殺、権謀術数なんでもござれの

血で血を洗うリアルな抗争を描いている。

 

ヤクザ映画ということでなんとなく敬遠していたのだが、

豪華俳優陣の魅力的な人物が繰り広げる群像劇、

多少血なまぐさいものの迫力ある抗争、

高いエンターテインメント性、映画を盛り上げる有名なテーマ曲

これらが相まって、

「もっと早く見ればよかった」と思われされた作品となっている。

 

筋を通す主人公の広能(菅原文太)、

ひょうひょうと狡猾に、したたかに立ち回る槙原(田中邦衛)、

小心者であるがゆえに

これでもかと権謀術数を巡らせる組長の山守(金子信雄)。

 

主人公以外ではこの二人の演技力が印象に残った。

 

 

[]