読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新網走番外地

任侠

1968 日

 

有名シリーズだがシリーズ初見。

昭和22年の闇市が舞台。

 

復員兵の勝治(高倉健)は女を襲う米兵を殴ったため

北海道の米軍刑務所に送られる。

 

4か月後帰って来た勝治は

闇市を仕切る石津と華僑連合の中でのし上がるも、

彼らの汚いやり方に身内を殺され、怒りの炎を燃やすのだった。

 

高倉健が中盤では喧嘩っ早く軽いので意外なキャラでした。

華僑のボス役の金子信雄はカタコト演技もうまく、存在感あるなあ。

 

闇市の雰囲気やざわついた感じは当時を忍ばせなかなか貴重。

 

網走番外地」はアクションが多く、西部劇チックな要素もある一方、

本作はじめ「新網走番外地」は任侠路線でだいぶタイプが違うとか。