読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パシフィック・リム

SF アクション

2013 米

 

2013年、海底から現れた怪獣により、人類は滅亡の危機に瀕していた。

 

各国は連携して対怪獣用兵器イェーガーを開発。

怪獣の撃退に成功する。

ローリーは、そのパイロットとして活躍するが、ある事件により引退。

 

その後、怪獣は出現頻度を早め、人類は再び滅亡の危機に。

最後の作戦を仕掛けるため、ローリーの下にかつての上司が現れる。

 

大筋はこんな感じで、ほとんど怪獣とイェーガーが戦うシーンばかりです。

巨大な怪獣を巨大ロボに乗り込み、肉弾戦メインで倒す。

その中に各キャラの背景や心情をコンパクトに描写しているので、

感情移入も可能でありそのまとめ方はなかなか巧み。

 

監督はダークファンタジーでホラーとも言えるような

「パンズ=ラビリンス」を撮った人なので意外な感じもしたけれど、

実は怪獣が大好きな人らしく怪獣愛溢れた熱作になっている。

 

ラストシーンは、怪獣の○○○が必要と言ってたのに

なぜ大丈夫だったのか少し疑問ですが、

そんな野暮なことは言わずに楽しめばいいかなという作品です。

 

菊地凛子がヒロイン役で登場。

ハンニバル=チャンは闇市場のボスの割に結構いい奴だった気が。