読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぐや姫の物語

アニメ

2013 日

 

スタジオジブリの高畑監督作品。

 

日本人なら誰でも知っている話を監督なりの解釈でアニメ化。

 

記憶にあった作品と違う点は

 

1.かぐや姫の幼年時代を生き生きと描いている

2.月が仏教世界であるという解釈

 

このあたりだろうか。

 

かぐや姫の心を描く」ということで、

終始かぐや姫視点で話は進んでいく。

 

地球に憧れてやってきたかぐや姫

誕生~幼年期は自然の中で生き生きと暮らす。

 

ところが翁のおせっかいというべきか、

避けがたい流れというべきか、

かぐや姫は、彼女が全く望んでいない「姫」としての身分を得る。

 

かぐや姫を思う翁だが、その行動は全く逆効果であるという皮肉。

 

ここから彼女の生活は暗転する。

自由はなくなり、感情も表に出せない、

「人ではない」生活をひたすら耐え忍ぶかぐや姫

 

その美貌ゆえ望まぬ求婚をされ、図らずも5人を不幸にし、

帝の目にとまるに至り、とうとう耐えられず月に助けを求めてしまう。

 

理想郷である月を離れ、穢れた生の世界である地球に憧れた罪。

それでも生きるという喜びは代えがたいものだった、

というお話なんでしょうか。

 

温かい絵でほんのり心に残る佳作でした。