読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線大爆破

1975 日

 

高度経済成長に沸く日本。

ところがある日、博多行のひかり109号に爆弾を仕掛けたと告げる電話が。

時速80キロを下回れば爆発するという。

 

場末の工場を手放し、妻子とも別れた沖田(高倉健)ら

負け組の犯人たちの高度経済成長へのアンチテーゼ。

人間味溢れるドラマ。

 

スピードの設定は先達があったのかと思わせる、手に汗握るサスペンス。

 

なぜか国内興行はイマイチだったらしいが海外では高評価というこの作品。

先日久しぶりに見たら離れられなくなり最後まで見てしまった。

 

あまり知られてないかもしれないけど傑作です。