読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼には眼を

1957 仏 伊

 

中東?の病院で働く医師(クルト・ユルゲンス)。

一日が終わり、やれやれ帰宅するかというところでけが人が複数搬送。

 

ようやく帰宅し自宅でくつろいでいると、妻を診て欲しいという急患が。

ここでは器具もなくできることもあまりないし、今日の仕事は終わりだ。

当直のいる病院に行くよう勧めた医師。

 

翌日出勤してみると、途中で車が故障し到着が大幅に遅れたうえ、

後輩医師の誤診により子宮外妊娠を見抜けず、妻は死亡していた。

 

遺体を確認し、医師に芽生える罪悪感の意識。

 

その日を境に医師の身辺に不穏な影が忍び寄る。

自宅には無言電話、病院に泊まることにしたものの、

患者の車を使った微妙な嫌がらせ、つけられているような気配。

 

医師の神経は摩耗していく。

 

既にボルタク(亡くなった患者の夫)の復讐は始まっていたのだった・・・

 

穏やかで丁寧な物腰のようで、

人間心理を巧みに操り医師を誘い出し追いつめていく恐ろしさ。

 

復讐、スリラーものとしては直接的な暴力も脅迫もないという異色な展開ながら

その巧みさで、その手の映画ファンには必見ともいえる傑作。

 

医師役のクルト=ユルゲンスは常に不機嫌そうな表情。

表現が難しいけど、「診てやってる」的な雰囲気も醸し出してるんですね。

狙ってやってるのかな。

 

「眼下の敵」(潜水艦物の傑作)の艦長かなと思ったらやはりそうだった。