読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

至福のとき

2001 中国

 

チャン=イーモウの「幸せ三部作」(自称?他称?)完結編。

 

白髪交じりのおじさんチャオ。

たしかバツ2だった気がするが、とにかく結婚したい。

お見合い18回、細い女性が好きなのを抑え、

あえて温かい気立てだろうと太った女性に今日もアプローチ。

 

彼女の住まいに行ってみると、

前の男の連れ子だったという少女ウー・イン(ドン=ジエ)がいて、

盲目の彼女は厄介者扱いされている。

 

「至福旅館」の経営者だとウソをついていたチャオは、

彼女に仕事をあっせんするよう頼まれる。

 

実は失業中で金のないチャオにそんな当てがあるはずもない。

いろいろあって居場所がなくなり、マッサージならできるという彼女のため、

偽のマッサージ施設をこしらえることにしたが・・・

彼女がそこで過ごした日々は至福のときとなるのであった。

 

不勉強でドン=ジエについては完全に初見。

コン=リー、チャン=ツィイーに続く「モウガール」なんですね。

 

5万人のオーディションから監督が発掘してきたらしい。

 

さて、前エントリの美しき冒険旅行お色気シーンとの対比コメ。

 

彼女が扮する薄幸の少女ウー=インは不遇なためかやせ細っており、

サービスカット?それとも不遇な印象を出すため?の下着シーン

(結構びっくりした)でも

13歳かそこらかなという印象。

 

ところがその後18歳と告げるシーンがあって、

「え、そんな設定なのか」と。

 

実物のコン=ジエはオーディション時20歳だったらしくさらに予想外。

 

小さいころから軍の舞踊団?にいて世間に染まってなく、幼い少女、

そのあたりが役のイメージに合っていたようだ、

と本人がインタビューに答えている。

 

無表情の彼女が生き生きとしてくる流れは、

初めて触れた人の情の温かみの力を感じる。

 

一方、嘘ばかりついていたチャオの縁談は破局。

そんなしょうもない彼だったが、

映画のラストでついた嘘には熱い真情がこもっていた。

 

定番のハッピーエンドとは毛色を異にし、

お互いのメッセージが伝わらず別れる二人。

 

ウー=インの未来に少しでも「至福のとき」が訪れますように。

チャオとその気のいい同僚たちにも。