読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋恋風塵

1987 台湾

 

台湾の名匠、ホウ・シャオシエン監督作品。

小津をリスペクトしていて日常シーンを重視しているとのこと。

 

同監督の、「風櫃〈フンクイ〉の少年」は以前見たものの、

かなりおぼろげになっている状態で鑑賞。

 

冒頭、列車、トンネル。新緑。

 

鉱山の村で育った幼馴染アワンとアフン。

成績の良いアワンだが、

家計を支えるため中卒後、台北に出て働く道を選ぶ。

 

1年後、アフンも台北にやって来てアワンと支えあい、

お互い恋心が芽生えていく。

 

冒頭、「え、この子がヒロインか」と思ってしまったアフンが、

都会に来て髪も伸び、年ごろの女性らしく美しくなっていく。

 

やがてアワンは兵役に就くことに。

アフンから手紙が山と届き仲間に冷やかされていたアワンだったが・・・

 

 

映像詩のように日常シーン中心で淡々と進んでいき、セリフも少ないので

それをわかった上で見てないとやや退屈に感じるかもしれない。

 

説明も少ないストーリーで時に展開についていけず戸惑う反面、

言葉はなくても伝わるんだ、というアジア的、小津的な映像。

 

そんな中、日常描写へのこだわりと、

九分を舞台にした山村に映える新緑、煙の動き、雲の動きの美しさは見事で、

時折はさまれる挿話たち(昔の兵役の話、流れ着いた家族など)は

淡々とした流れに少し変化を添えていた。

 

タイトル通りの切ない恋の結末の青春映画で、

あー行動しなかったことを悔いるってこういうことなんだなぁと実感。

 

しかしそれも人生、といわんばかりのおじいさんとラストの雲。

 

以前、病室の窓から空を眺めていたら、

雲の流れはかなり早くて、10分もすれば影も形もなくなっていた。

そんなことをふと思い出させる映画でした。

 

ところで本編にDVD表紙(下に出てるやつ)の

二人乗りしてる映像ってあったかなとちょっと探してしまった。

背景も緑が多く二人の村付近っぽい気がするのだが、

イメージ映像というやつだろうか。