読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レベッカ

サスペンス

1940 米

ヒッチコックのアメリカ第一作。

 

モンテカルロモナコの4地区のうちの一つらしい)に

富裕マダムの付き人でやってきた主人公(ジョーン・フォンテイン)。

 

やな感じのマダムにいびられていたが、

断崖で物思いにふけるマキシム(ローレンス・オリヴィエ)を

心配して声をかけたのをきっかけに彼といい感じになり、結婚。

 

マキシムはイギリスのマンダレーという土地の富豪で、

屋敷には召使が30人近く。

 

一年前に前妻レベッカを海の事故で亡くしているマキシムは、

彼女の話題になると急に機嫌が悪くなる。

その度にレベッカへの強い愛情を感じ、彼からの愛に自信がなくなる主人公。

 

一方屋敷の住人はレベッカの美貌を褒め称え、

美しさ、教養、富豪の妻の立居振舞い、

全てにおいて自信のない主人公に重圧がのしかかっていく。

 

中でも前妻の連れてきた従者で

屋敷を取り仕切るダンヴァース夫人(ジュディス・アンダーソン)は

主人公に冷徹な態度を取り続け、

レベッカを崇拝するその異常性が明らかになって行く。

 

能面で怖すぎですが、なぜマキシムは彼女をクビにしなかったのだろうか。

主人公の世話も任せるなど全く不信は抱いていない様子・・・

 

前半はやや冗長だが後半明かされるレベッカの死の真相が見もの。

 

ジョーン・フォンテインが純真でかわいらしい姿から

完璧な前夫人レベッカの影におびえる中盤、

事の真相を知り、決然とレベッカ(の亡霊、というか負の遺産)に対峙する表情

などいろいろな面を見せてくれます。

 

ジョーン・フォンテイン演じる主人公は名前が一度も出てこない。

これは結構珍しいかも。

 

・制作のセルズニックは現場に頻繁に口を出す人物らしく、

その結果ヒッチコック色はやや薄目なのかな? 

終盤はかなりの会話劇というか

怒涛の展開説明セリフで二転三転一気に進展します。

 

レベッカは一度も姿を見せない絶世の美女のまま終幕。