読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明

アクション

1991 香港

 

この手のジャンルはあまり見たことがなく、たまにはと借りてきた。

 

清朝末期、不平等条約を結ばされ外国人に蹂躙される中国が舞台。

実在の武術家、黄飛鴻をジェット=リーが演じているが話はフィクション。

 

ストーリーとしては

黄飛鴻の開く道場および彼自身に次々に火の粉が降りかかり

それに対処していくという感じ。

アクションシーンはシリーズで一番多いという話もあるようで、

空中を飛び回る感じが見どころ。

 

高潔な主人公は横暴な役人などに無暗に逆らうこともなく理性的なため

(「理由を話せばわかってもらえる」「それでも法に従う」)

思ったよりちょっと鬱憤がたまるものの、好きな女の危機にはそれどころじゃない。

弟子も動員して大活劇となるのであった。

 

「カンフーとか少林寺とかそういうアクション映画見たいけど、

なんかいいのない?」という人にはお勧め。