読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三人の名付け親

1948 米

 

名匠ジョン=フォード監督の西部劇。

クリスマス興行を目的として作られたとかで、

宗教色の強いものになっている。

 

普通の西部劇のように、銃撃戦で死人が出まくるという描写はない。

 

ジョン=フォード監督がサイレントで撮った作品のリメイクのようで、

冒頭にその作品の主演で監督の相棒、

ハリー=ケリーに捧ぐというメッセージが出る。

 

主演の一人はその息子。歌手志望だったかということで劇中の歌はうまい。

 

 

ジョン=ウェイン、ペドロ=アルメンダリス、ハリー=ケリーJrの3人は

銀行強盗を目的としてとある町にやってくる。

そこで滑稽な表札を見てふと立ち寄り話をし、

コーヒーをもらったことがこの映画の全てのきっかけ。

 

強盗にとりあえず成功したものの砂漠を逃亡する身となった三人。

水のありかを求めてさまよう。このあたりまでは西部の逃亡劇。

 

そして、とある場所で身重の女性の出産を助けるが、彼女はすぐ亡くなってしまう。

迫りくる追っ手の中、残された赤ん坊の世話などわからず

試行錯誤しながら逃げる3人の無法者の運命は・・・

 

というお話。

 

聖書の話になぞらえたクリスマス映画なので

そこが気にならなければ今の時期はいいかもしれない。

3人の名を取り、ロバート・ウィリアム・ペドロと名付けられた赤ちゃんは

とても愛くるしいので和ませられる。

ペドロ=アルメンダリスのキャラがなかなか気に入った。

 

 

自分は未見だけど今敏監督のアニメ映画「東京ゴッドファーザーズ」は

この作品に題材を得ているとか。気が向いたら見てみよう。