読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365日のシンプルライフ

ドキュメンタリー

2013 フィンランド

 

彼女に振られ、モノに囲まれている自分を見つめて

「モノがあっても全然幸せじゃない!」と思ったことから

ある実験を決意したペトリ(26歳独身)のドキュメンタリー。

 

少し気になっていたので見てみた。

 

1.すべての私物をトランクルームに預ける

2.1日1個だけ持ち帰る

3.それで1年生活を続ける

4.物は買わない(食料除く)

 

このルールを守るということで映画の冒頭は裸のペトリから始まる。

真冬のフィンランドの街をトランクルームへと駆けるペトリ。

ゴミ箱の新聞紙で前を隠したりと爆笑です。

 

で、本当に必要なものはなんだろう、的な感じで進んでいくわけですが、

前半防寒具を揃えた辺りから、50個あれば生きていけて100個で十分かな、

という結論が出て、それ以降はどんどん退屈になって行きます。

 

彼女ができてそれに合わせてモノが増えていく

(オシャレな服、アイロン、しゃれた部屋の内装)

とかそういうお話なんだけど冗長だった気がする。

 

現代っ子らしく結構緩いこともあり、

ストイックにモノを吟味して葛藤してという描写はあまりありません。

まあ「50個しかモノを持てない」のではなくて

「1日1個しか持ち帰れない」というだけですからね。

 

作中で本人も語っているように、

「選択を間違えても明日取りに来ればいい」ので。

 

自分は断捨離したいとか全然思ったことはないですが、

求めていたカタルシスは意外と得られなかったかな。