読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セッション

2014 米

 

ドラムで名を残したいと望む、一流音大生ニーマン。

 

ある日、看板講師フレッチャーの目に留まってバンド入りを許され、

発奮するニーマンは彼女とも別れて練習に打ち込む。

 

叩きすぎで出血した部分に二重に絆創膏を張るも、

さらに血が流れるというのは序の口。

 

傑出した歴史に残る音楽家を生み出すため

スパルタの限りを尽くすフレッチャー。

 

そんな姿勢に最初は驚いたが、目指すものは共通していたニーマン。

次第に常軌を逸したレベルに入り込んでいき・・・

 

人物劇なのでカテゴリーは「ドラマ」としたいところだが、

「スリラー」「サスペンス」のほうがぴったりくる作品。

 

終盤、二人はある舞台で対決し、

心からの憎しみをぶつけ合い、そして共演する。

 

アカデミー助演男優賞、録音賞、編集賞受賞。

 

全編緊迫感のある映画なので少し余談。

冒頭、映画館のシーンで恒例のポップコーンが出てきた。

ケンタッキーのクリスマスバーレル的大きさのやつ。

 

二人なのにこの量かよ!というのはさておき、

レーズン入れてるのを初めて見た。

 

さすがに飽きるのか。

これはアメリカでは普通なのか。

 

味はまあ合うような気がする。