読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・インターン

ドラマ

2015 米

The Intern

 

会社を退職後、金銭的には悠々自適、

息子と孫にも恵まれ幸福な日々といえるベン(ロバート・デ・ニーロ)。

 

しかし、妻も亡くし、老後の生きがいに欠ける彼は

様々なものに手を出しながら、やりがいの感じられる場所を探していた。

 

そんな時見つけたのが高齢者インターンのチラシ。

 

新興ファッション通販会社の創業者で女社長のジュールズ(アン・ハサウェイ)。

 

社会貢献のため適当に同意して募集したインターン

最初は何の興味もないどころか距離を置こうとする。

 

ジュールズの専属になったものの、仕事も与えられず放置されていたベンだが、

その誠実さと人柄の良さで次第にオフィスに溶け込んでいく。

 

そんな彼にジュールズも徐々に打ち解け始めるのだった・・・。

 

 

ロバート・デ・ニーロ演じるベンはありえないくらいの好人物。

スマートな紳士であり市内の地理に精通し、

(なんで?と違和感を感じていたが、そうか、昔営業だったから道に詳しいのか)

気配りが行き届いている。

面倒見が良く困ったら支えてやるつもりでありながらも、

まずは自分でなんとかできるかアドバイスしつつ見守る。

 

もはや頼れるオジサマの理想像である。

 

まあそんな彼もこれまで老後の生きがいというものを持てず

インターンに応募してきたわけでそこが唯一の弱点とはいえるのだが・・・

 

 

一方のジュールズは美人で自ら顧客対応したり包装の指導をしたり

ホームページのデザインを決めたりとなんでもこなすやり手社長。

本作のアン・ハサウェイは感情移入できて、

チャーミングで、むしろこれまでより可愛い。

 

ただ会社に急成長のひずみも出てきており、

それは彼女の家庭においても同様なのだった・・・

 

両親との関係(これが最初ベンへのつれない態度の大きな原因か)、

夫(バリバリ働いていた=専業主夫全然OKという価値観ではなかった人)

への罪悪感と距離のかい離、ママ友との距離、娘と一緒にいられないこと。

 

監督ナンシー・メイヤーズ作品は初見。恋愛物が多かったようだけど

本作は年齢差のある友情を描いたハートフルドラマ。

 

結構評判がいいのは聞いていたものの、

ブルーレイ入れたタイトルシーンの曲で個人的に期待大になりました。

 

調べたら「Love And Work」という曲でセオドア・シャピロ作曲。

 

多分映画オリジナルの曲だと思います。

ほっとする幸福感にひたれるこの映画にぴったり。

 

この映画は恋愛映画ではなかったが、

クランベリーズのドリームズに魅かれて

「ユー・ガット・メール」を見に行ったのを思い出す

 

 

広告宣伝では女性を意識、同じアン・ハサウェイ

ファッション業界ということから

プラダを着た悪魔」の続編的な位置づけのようだが、

自分としては全くそんな感じは受けなかった。

 

何より嫌な奴がいない。欠点があるやつはたくさん出てくるが。

どちらかと言えばおじさんの第二の人生自己実現映画、

それで回りもうまく回っていく、という印象ですよ。

原題も「The Intern」だしね。

 

さっきも言ったけどこんなおじさんはまずいないんだろうけど。

夢があっていいじゃないですか。

 

僕も落ち込んでる時期に見たけど前向きな気分になれました。

こういう映画はストックしておかないとね。

 

恋愛映画じゃないし、女性しか見なかったらもったいない!!

老若男女にもっと見て欲しい映画です。