読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイトクローラー

サスペンス

2014 米

 

金網泥棒などで日銭を稼ぐルー(ジェイク・ギレンホール)。

ある日遭遇した事故現場に群がるカメラを目撃する。

 

そう彼らは報道パパラッチ。

警察無線を傍受し誰よりも早く現場に到達。

 

衝撃的な絵を撮ってTVショーに売ることを生業にする連中だったのだ。

 

早速行動に移すルーは盗んだ自転車を売りカメラと傍受機を用意。

学はないものの人並み優れた向上心でぐいぐいのし上がっていくのだが・・・

 

現実のエグイ部分のヴェールをはぎ取りどうだとばかりに見せつけてくる作品。

 

どんなエグイ現場だろうと救助もしない、通報もしない。

そんなことより金になる刺激的な絵。不法侵入もスピード違反も意に介さない。

 

他の追随を許さない、非人間性という

ルーの最大の武器が発揮されるこの仕事はまさに天職なのだ。

 

ギラついたルーの目つきが恐ろしい。

 

そんな彼にいいように使われ捨てられる無知で貧しい若者、

彼の映像が欠かせなくなり、パワハラに逆らえない女性ディレクター。

 

どんな手を使ってでも刺激的なシーンを欲する下賤なTV局と

その期待にこたえ続けのし上がるルー。

 

ついには事件事故現場に駆け付けるだけでは飽き足らず、

派手な絵のため、自ら誘導して被害を拡大する。

 

最低なシーンと思いつつ見入ってしまうのはアクションの迫力か、

観客側の野次馬根性の発露か。

 

勧善懲悪のかけらもなくルーは全てを切り抜けのし上がり続けて映画は終わる。

 

アメリカほどではないかもしれないが、

事件・事故の度に被害者の葬儀会場の映像を流す

日本のマスコミの暗部(とそれを見る多くの視聴者)も

本質的にはかわらないのだろう。