読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オデッセイ

2015 米

 

近未来。

 

火星を探査していたチームは嵐に見舞われ、母船に撤退。

事故で死んだと思われたマーク(マット=デイモン)は一人火星に取り残され、

生き延びる道を探ることになる。

 

次の探査隊が来るのは4年後。

食料は1年分、1か月の使用を予定していた

簡易居住ユニットが壊れたら終わり。

 

一方地上では偶然彼の生存が確認され、

可能性が高いとは言えないものの、

救出のための手立てが取られようとしていた。

 

さあマークは生きて地球に戻れるのか・・・

 

 さて、少し前に話題となった本作ですが

2時間半近くあるものの飽きることなく見られました。

リアルさで話題となったらしい原作は未読なので

読んでいればもっと満喫できるのかも。

 

デイモンが結構明るくコミカルタッチでもあるのと、

地球での救出ミッションが結構挟まるので

ゼロ・グラビティ」よりは悲壮感薄れてるかな。

船長が美人。なるほどグラビティにも出ていた、あの娘。(の大人版)

 

個人的な感想としては、植物を育てたくなる作品。