シン・ゴジラ

2016 日

 

東京湾に異常事態が発生。何が起きたかと対策会議中。

「なに、未知の生物の仕業だと?バカ言うな・・・え、何この生物・・・」

 

やや軽すぎるが、そういう危機管理側の視点で制作したらしい。

その程度の前提知識で鑑賞。

 

人間ドラマとかはほぼなく、

早口のセリフ、状況説明、肩書説明、場所説明などが

矢継ぎ早に繰り出されていくリアルな政治劇。

予想と違っていたのは、当初こそ内閣の動きや首相の苦悩なども出てくるものの、

後半は退場してしまい特殊プロジェクトチームがメインだったということ。

やることが明確なので苦悩はしなくなりプロジェクトX的な感じになっています。

悪者は出てこないし、日本人の仕事への美意識を強調しすぎなところが

微妙かもなと、ひねくれてみたくなる感もあったりはしますが。

 

線量とか原子力規制朝とか、東日本前ならばほとんどの国民になじみのない、

しかし今では誰もが知っている用語を散りばめ、その点のメッセージ性は高い。

ゴジラが残り続けるという結末も、忘れるなという監督の強い意図を感じた。

 

かなり力を注いで作られた作品なことは間違いない。

www.amazon.co.jp