マンチェスター・バイ・ザ・シー

2016 米

 

アカデミー主演男優賞脚本賞受賞作。

 

ボストンで便利屋を営むリー(ケイシー・アフレック)。

淡々と暮らし、時折パブで暴れる以外に感情の発露はない。

(口汚いのは昔から。)

そんな彼の下に兄の危篤を告げる連絡が。

 

故郷の街「マンチェスター・バイ・ザ・シー

(そういう町の名前なんですね。凄い付け方)

に向かうリー。

 

兄の今際には間に合わず、

待っていたのは16歳の甥パトリックの後見人という大役だった。

 

冒頭から時折挿入される過去の映像。

やや軽薄ではあるが、明るく、パトリックとも親密だったリー。

それがどうして豹変してしまったのか。

 

その理由は作中で明かされるが、

彼の深い悲しみがしんしんと伝わってくる名作である。

結局その原因に関しては何一つ癒されることはないのであるが、

甥との交流により、僅かながらも人間性を持つことができるようになり、

映画は終わる。

 

マイナス点とすれば音楽の使い方が「これでもか」という印象であり、

このテーマの作品なら音楽も控えめで良かったと思う。

 

パトリックはやたらと奔放な生活を送っており共感できないが、

以前のリーがお調子者であったことを考えれば頷ける性格ではある。

船にこだわるあたりも幸せな思い出を忘れていないようで、なかなかいい。

 

体の弱い中、自分亡きあとの息子・弟のため、色々準備しておく兄。

地味にここに結構共感した。直接描写はあまりないのだけれど。

 

最後の結論には納得いかないところもあるが、

長尺にもかかわらず「もう終わってしまうのか」と思わされた貴重な作品。

 

楽しい作品ではないけれど、おススメ。