読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手錠のまゝの脱獄

1958 米

 

渚にて」「ニュールンベルグ裁判」などの社会派、

スタンリー・クレイマー監督作品。

 

囚人護送中の車が道路から転落。

 囚人二名が脱獄した。手錠で繋がれた彼らは白人と黒人。

 

やむなく逃避行する羽目にはなったが反目する二人。

 

「放っておけば殺し合うので追跡の必要なし」

と冷徹な裁判所。

 

主題となっている黒人差別、

追跡する保安官、逃亡中に出会う人々の人間模様などを

90分余りの中にきっちり詰め込んだ熱作。

 

白人囚人をトニー・カーティス

黒人囚人をシドニー・ポワチエが演じていてキャストは豪華。

他にも登場人物それぞれ人間味を感じさせるキャラクターかつ好演となっている。

 

色々あってたどり着く二人のラストは、

全くハッピーエンドではないものの、なぜか爽快。