読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮き雲

1996 フィンランド

 

アキ・カウリスマキ監督

「愛しのタチアナ」と二本立てのDVD。

 

ちなみに邦画の名作「浮雲」とは何の関係もありません。

 

以前に子供を亡くしているようだが、

慎ましく幸せに暮らすイロナとラウリの二人。

(子供の遺影は、前作「愛しのタチアナ」レイノ役を撮影後に急死した

マッティ・ペロンパーの幼少時のものらしい)

 

老舗レストランの給仕長として働くイロナ。

ところがチェーン店の買収によりオーナー交代。

解雇されてしまう。

 

夫のラウリは市電の運転手。

こちらは経営不振のため、リストラへ。

 

共に職を失った二人だが、夫には妙なプライドがあり失業保険は自ら拒否。

ラウリは長距離運転手の仕事を見つけるが、

耳の異常が見つかり運転できないことに。

 

イロナの見つけた安食堂の仕事は、店が税務当局に摘発され失職。

イロナの未払い賃金を要求しに行ったラウリはチンピラにボコられる。

 

ローンで買ったソファーやテレビも持っていかれ、殺風景になる部屋。

レストランを開く元手にするため、車を売った金をカジノにつぎ込むも、

全部スッてしまう。

 

この絶望の中、かつてのオーナーと再会。

イロナを買っている彼女はなんとレストランの出資を申し出てくれる。

 

いろいろやってスタッフを集め、オープン日。

客来ない。来ない。来ない。

 

・・・来た、来た、来た!

 

店を出て一服、夫婦で空を見上げるシーンで終幕。

 

「自転車泥棒」「東京物語」などがベースになっているらしく、納得。

 

イロナの同僚だったレストランのクローク係やコックの不遇さ、ダメさも描かれており

そんな皆がなんとかやっていくという監督の眼差しなんでしょうね。