読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フューリー

戦争

2014 米

 

1945年、ベルリンを目指す連合軍に対し、

ドイツ軍は最後の抵抗を試みる。

 

そんな中で奮闘する米シャーマン戦車、フューリー号が物語の主役。

 

フューリーの乗員5人は何れも熟練兵ばかりだったが、

副操縦士を亡くしてしまう。

 

補充要員として現れたのは

何もわからないひょろひょろの新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)。

軍曹のドン(ブラッド・ピット)は厳しくも情を持って彼に接し、

ノーマンも次第に戦場に慣れていく。

 

窮地を切り抜けながら任務をこなしていく彼らだが、

やがてドイツの大隊を相手に一台で悲壮な戦いに臨むことになる。

 

死体を見ては吐き、何と言われようと頑なに殺人を拒んでいた

ノーマンが仲間に認められ一端の兵士として成長?していくドラマ部分は

悪くはないもののまあよくある話ともいえる。

 

この映画でより面白かったのは戦車の運用法。

敵の弾幕に阻まれ進軍できずにいる歩兵の弾除けとなるシャーマン。

その背後について進軍してく歩兵。

 

なるほど中型戦車はこういう使い方するんだ。

勉強になった。

 

また、現在唯一動かせるティーガー戦車を博物館から借りて

撮影したという目玉の戦車戦はシャーマン4対ティーガー1。

 

シャーマンの砲弾ははじき返され全くダメージなし。

逆に、ティーガーに一発でやられるシャーマン。

 

圧倒的な装甲を誇るティーガーの迫力は見もの。

 

米兵も捕虜虐殺、街の略奪を行い、SSは徴兵忌避の国民を見せしめにし、

炎に包まれた兵士は自ら頭を撃って自殺する。

ノーマンがひと時触れ合った女(アリツィア・フォン・リットベルク)も

一瞬でがれきの下に、というあたりもリアル志向か。