読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランド・ブダペスト・ホテル

サスペンス

2013 英 独

 

「ファンタスティック Mr.FOX 」のウェス・アンダーソン監督。

人によっては代表作は違うかもしれないが、自分はこれしか見てない。

そしてめちゃめちゃ面白かった。

 

ところが本作は不覚にもそうだと知らずにレンタルが遅れ、

結局知らないまま借りてきた。

 

 

架空の国ズブロフカ共和国。

ある墓地に女性がやって来て、

偉大な作家の像の前で本を読み始める。

題名は「グランド・ブダペスト・ホテル

 

1985年、一人語りを始める作家。

「作家は空想力を働かせていると誤解されるが、

物語はまわりからやってくるのだ。そうあの時のように・・・。」

 

1968年、スランプの作家(ジュード・ロウ)はすっかり寂れてしまった

グランド・ブダペスト・ホテル」に静養していた。

客は、みな一人客で数人程度。

 

そこで出会った同国一の大富豪でホテルのオーナー、

ムスタファから彼の物語を聞く。

 

1932年、家族を殺されズブロフカにやって来た

天涯孤独のゼロ(ムスタファ)は当時超一流ホテルだった

グランド・ブダペスト・ホテルのボーイとして雇われる。

彼の上司かつ保護者的存在だったのがホテルの名物コンシェルジュ

グスタヴ(レイフ・ファインズ)だった。

 

グスタヴは上得意の孤独なマダムたちの夜の相手まで務める

達者ぶりでホテルを切り盛りしていた。

ある日、得意客の一人で大富豪のマダムDが不審死を遂げ、

グスタヴにも遺産が回ってくることに。

 

それを良しとしないマダムの息子の仕掛ける罠と謀略の前に

グスタヴはマダムD殺しの容疑で収監されてしまう。

ゼロ達の助けもあってなんとか脱獄し、嫌疑を晴らすための活劇が始まるのだった。

 

あらすじはこのくらいにしとくけど、

予想ではホテル内だけで完結するような物語かなと思っていた。

 

ところが結構いろいろ飛び回る冒険譚っていう感じでテンポが速い。

グスタヴは洒脱な紳士で優雅で見てて楽しく、

「Mr.FOX」を思わせるようなシュールなユーモアも自分好み。

 

もっとこの監督の作品を見たいと思わせる、期待以上の映画だった。

アカデミー賞部門受賞の衣装や美術も優雅。