ありがとう、トニ・エルドマン

2016 独

 

ふざけるのが好きなヴィンフリートは、

今日も配達員をからかって楽しんでいた。

 

しかし、老いた母親と犬は、どちらも具合が悪そう。

久々にルーマニアから帰って来た娘は、電話で席を外してばかり。

人生、なかなか楽しめないこともあるもんだ。

 

その後、老犬の死をきっかけにルーマニアへと旅立ったヴィンフリート。

仕事人間の娘が気になり、

自らの悪ふざけ好きもあってちょっかいを出すも、

休日も仕事がらみで忙しい娘には基本的に相手にしてもらえず、

気をつかってあっさり帰国。

 

と思いきや・・・

 

迷惑なちょっかいを出され続けたはずが、

心になんとなくゆとりができる、そういう存在がいることの大切さ。

もっと言えば、そういう存在を受け入れられない状況の危なさ、

というほうがいいのかも。

 

国際企業がルーマニアで資源搾取をしている現実、

その片棒、というか汚れ役を担わされる娘の仕事、

そうした搾取側の一員として、

知らず知らず、客として尊大な態度を取るのが

普通になってしまっている娘。

 

などさりげないながら舞台背景として描かれている点は

どれほどのテーマなのかはわからず、

おそらく娘の転職にもあまり影響していない様子。

 

なかなか異色の映画でした。

マンチェスター・バイ・ザ・シー

2016 米

 

アカデミー主演男優賞脚本賞受賞作。

 

ボストンで便利屋を営むリー(ケイシー・アフレック)。

淡々と暮らし、時折パブで暴れる以外に感情の発露はない。

(口汚いのは昔から。)

そんな彼の下に兄の危篤を告げる連絡が。

 

故郷の街「マンチェスター・バイ・ザ・シー

(そういう町の名前なんですね。凄い付け方)

に向かうリー。

 

兄の今際には間に合わず、

待っていたのは16歳の甥パトリックの後見人という大役だった。

 

冒頭から時折挿入される過去の映像。

やや軽薄ではあるが、明るく、パトリックとも親密だったリー。

それがどうして豹変してしまったのか。

 

その理由は作中で明かされるが、

彼の深い悲しみがしんしんと伝わってくる名作である。

結局その原因に関しては何一つ癒されることはないのであるが、

甥との交流により、僅かながらも人間性を持つことができるようになり、

映画は終わる。

 

マイナス点とすれば音楽の使い方が「これでもか」という印象であり、

このテーマの作品なら音楽も控えめで良かったと思う。

 

パトリックはやたらと奔放な生活を送っており共感できないが、

以前のリーがお調子者であったことを考えれば頷ける性格ではある。

船にこだわるあたりも幸せな思い出を忘れていないようで、なかなかいい。

 

体の弱い中、自分亡きあとの息子・弟のため、色々準備しておく兄。

地味にここに結構共感した。直接描写はあまりないのだけれど。

 

最後の結論には納得いかないところもあるが、

長尺にもかかわらず「もう終わってしまうのか」と思わされた貴重な作品。

 

楽しい作品ではないけれど、おススメ。

 

ブラッド・ファーザー

2016 仏

 

メル・ギブソン主演作。

 

アウトローの生活を長年送り、

いまはトレーラーハウスで刺青を彫っているジョン。

 

そんな彼の下に、音信不通の娘から連絡が。

居心地の悪い母親の元を離れ気ままに過ごしていた彼女だが、

無鉄砲さから危険な状態に置かれてしまっていた。

 

マフィアからも警察からも追われる彼女を助けるため

奮闘する父親アウトロー術?が見どころ。

 

グラン・トリノの名前を出している人もいたように、

登場するバイクとか、失われた栄光のノスタルジーという意味では

優れている映画なのだろうか。

個人的にはグラン・トリノはあまり共感できないので

その点本作も微妙だった。

 

ヒロインはわりとかわいいが、行動が無謀すぎてどうかと思う。

というか登場人物はみんなそんな感じですが。

 

アクションはまあまあだが正直あえて見るほどではない感じ。

TVでやってて暇だったらありかもしれません。。

コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝

2016  香港・中国

 

20世紀初頭、中国各地は戦乱に荒れ、

軍閥の暴虐により人々は苦しんでいた。

 

そんな時代に、逃亡中の子供たちと先生、

軍閥に狙われた村を守るための戦いを描いた作品。

 

全然知らない作品だったけど、

アクションの巨匠サモ・ハン監修作品なんですね。

 

トーリーは定番だけどそれなりに説得力はあって、

アクションは十分見どころあり。

 

珍しくスクリーンで見たこともあり、なかなか楽しめる作品でした。

思わぬ拾い物。

 

一応、残酷描写が多少あります。