読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1900年

 

1976 独仏伊

ラストエンペラー」などのベルトリッチ監督。

正直あまり見たことなかった。

イタリア現代史を小作農の姿を通して描写した力作。

なんと5時間16分という長さ。


主人公にロバート・デ・ニーロ、音楽にエンニオ・モリコーネ

などなかなかの豪華キャスト。

1900年の同じ日に生まれた

地主の子アルフレードと小作農の子オルモが一応主人公だが、

親子3代に渡る人間ドラマという点ではゴッドファーザーのような感じ。

コミュニストファシストの台頭が

結構色濃く描かれていて社会派映画なんだけど、

人物中心、農民生活中心で屠殺シーンもあったりと

そんなに社会派的な印象は受けないですね。

長かったけど引き込まれる力があり飽きることはなかったです。

[]