読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイアン・スカイ

SF

2012 フィンランド 独 豪


2018年、アメリカ大統領の選挙キャンペーンのため

月面に降り立った人類だが

月の裏ではナチスの残党が地球侵略計画を練っていた!

という荒唐無稽な感じの映画ですが

本質はかなりの皮肉ぶりにあります。


そもそもアホっぽい選挙キャンペーンを思いついた大統領は

いかにもサラペイリンをモデルにしたと思われる女性大統領

アメリカのエゴの象徴のような感じ


また、そこそこのシーンが割かれる首脳会議では

各国の風刺が効いている


ラストも随分シニカルで、制作陣のかなりの思い入れが感じられます


低予算映画で、カンパで1億5千万円集めたということ


一方、美術面ではかなり気合が入っており

その点ではなかなか

あと主演のユリア・ディーツェがかわいい!