読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遥かなる山の呼び声

1980 日

 

嵐の夜、母子二人で酪農を営む民子(倍賞千恵子)の下に、

田島(高倉健)が一夜の宿を借りにやってきた。

 

怪しみながらも泊めてやる民子。

その夜、牛が産気づき、田島は出産を手伝い翌朝去っていく。

 

夏が来て、再び田島がやって来た。

民子に粉をかけてくる地元のチンピラをいとも簡単にのす田島。

実直な人柄で民子の信頼を得ていくとともに、

息子(吉岡秀隆)にも慕われていく。

 

田島自身も、この牧場に居心地の良さを感じ始めたが、

彼には人を殺してしまった過去があり、

とうとう官憲の手が及び始めたのだった。

 

迷惑がかかると牧場を去っていく田島。

 

時は流れ、列車で護送される田島の隣席に乗り込んだ民子は、

「待っている」と黄色いハンカチを手渡す。

 

道東、別海町中標津町の美しい牧場風景の四季が描かれる。

 

映画「シェーン」の主題歌の邦訳タイトルが

「遥かなる山の呼び声」で、そこから着想された作品らしい。

 

有名作「幸せの黄色いハンカチ」より後に作られた映画ではあるが、

作中の時間軸としてはその前篇にあたるような作品。

 

[]