読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルートヴィヒ

2013 独


ヴィスコンティ監督に同名の映画がありますが、

これはワーグナー生誕200周年ということで作られた新作。

19世紀後半、

バイエルン王国の皇太子であるルートヴィヒは芸術を愛し、

政治や軍備からは遠ざかる日々を過ごしていた。

 

やがて父王がなくなり世を継ぐも、

ワーグナーを招いて芸術に力を入れるルートヴィヒ

しかしクロムウェルを擁するプロイセン王国を中心に、

戦乱の日は刻一刻と迫ってくるのだった・・・


狂王とも言われた耽美主義の王を描いた作品。

耽美度はやはりヴィスコンティが上かなと思いますが、

衣装の豪華さなどは見どころ。

 

有名なノイシュバンシュタイン城を作ったり、

40歳の謎の死までひたすら夢想に生きた人みたい。

[]