読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライク・サムワン・イン・ラブ

ドラマ

2012 日 仏

 

イランの有名監督、

キアロスタミが日本を舞台に撮った作品。

 

この監督は、「クローズ・アップ」だけ見たことがある。

 

デートクラブで働く明子(高梨凛)。

祖母が上京しており気にはなるものの、

デートクラブのバイトは秘密であり会うのは後ろめたい。

恋人の束縛にはうんざりしているが、別れるつもりもない。

アルバイトとしてもやる気はなく、呼ばれた客の部屋でいきなり爆睡。

 

孤独な元大学教授タカシ。

妻に似ている明子を家に呼ぶも、眠いので寝ようとする彼女を

料理とワインでなだめ、懇願して寝させまいとする。

明子に媚びる、情けない役回り

 

中卒だが小さな自動車整備工場経営の、明子の恋人ノリアキ(加瀬亮)。

明子の秘密に感づいており、束縛にとどまらず手を出すことも。

「夫婦には隠し事は許されないはずだ」と思っているため、

結婚すれば明子の隠し事もなくなるはず、と結婚を希望している。

 

 

この3人の物語。

 

終始緊張に包まれた隔絶映画というべきか、

とにかくまともなコミュニケーションが一切成立しない。

 

そういうのを狙って描いているようで、

その手腕はさすがかもしれないが、自分としては楽しめたとは言えない。

「終始イライラさせられる映画」というレビューを見かけましたが、納得。

 

ディスコミュニケーションが主題となればわざとやってるんでしょうね。

 

ドキュメンタリータッチで

リアルな人間の孤独と、表の顔だけではない複雑な面を描いた作品です。

 

自分の周りが実はこんな人間関係ばかりだとすれば、ぞっとする。

 

[]