読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちに明日はない

クライム

1967 米

1930年代、実在した強盗の映画化。

アメリカンニューシネマの先駆けとも言われる本作。

反体制的な主人公が登場するのがニューシネマかな。


当時、恐慌が続き、田舎町のウェイトレスという職はあるが、
閉塞感漂うボニー(ヒロイン)。

自分の車を盗もうとしたムショ帰りのクライドと少し話す。

銃を見せびらかすクライドだが、

ボニー「あんた、どうせ強盗なんかできないでしょ」

すぐさま向かいの店に入り強盗してくるクライド。

はしゃいで喜ぶボニー。

ここから彼らのコンビは始まったのだった・・・


最初は抑圧や鬱屈からの解放を味わう二人。

しかし銀行強盗をくり返しても満たされず、
追われるだけの日々に結局閉塞感を募らせていく。

 

ハチの巣にされてしまう(ネタバレ)ラストシーンは有名で印象的。

フェイ・ダナウェイがかわいかった。

 

[]