読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペーパー・ムーン

ロードムービー

1973 米

73年制作だが、白黒で35年ごろのアメリカが舞台。

母を亡くしたアディ9歳。

そこにやってきた怪しい男モーズは、身寄りのないアディを

伯母の元まで届ける役回りを押し付けられてしまう。

どうやらモーズはアディの母と関係があった男の一人のようだが、

アディの父親なのかはわからない。

実はモーズは未亡人に聖書を売りつける詐欺師。

頭の回転が速いアディはモーズ顔負けの手口をみせ彼と相棒になる。

アディはモーズが入れ込んだ女に嫉妬したり、

父親かもしれないと気にかけたり。

なんだかんだで二人の旅は続いていく。

最初は可愛げのまるでなかったアディが、最後には愛おしく感じられます。

 

アディ役のテイタムオニールは

アカデミー助演女優賞最年少受賞が頷ける演技。

モーズ役がテイタムの実の父親ライアンオニールというのも

巧みなキャスティングか。

万人にお勧めできる名作といえるでしょう。

 

[]