読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオ・ブラボー

西部劇

1959 米

 

 ハワード・ホークス監督作品。

 

テキサスの町リオ・ブラボー

 

ならず者のジョーを殺人罪で逮捕した 保安官のチャンス(ジョン・ウェイン)。

執行官がくるまで保安官詰所に留置するが、

ジョーの兄で有力者のネイサンは町を封鎖し、

ごろつきを雇って圧力をかけ、ジョーの奪還を狙う。

 

チャンスの味方は、飲んだくれのデュード(ディーン・マーティン)と

足の不自由な頑固老人スタンピー(ウォルター・ブレナン)の僅か二人。

 

果たしてジョーを執行官に引き渡すことができるのか・・・

というのが大筋のストーリーだが、ジョン・ウェイン大活躍というよりは、

じっと詰所に籠城する中、チャンスを巡る人物劇という要素が強い。

 

腕利きだった助手デュードを飲んだくれにしたエピソードと、立ち直ろうとする姿。

冷静な若者コロラドの活躍。

偏屈だが存在感は強く、可笑しみのあるスタンピー。

チャンスのロマンス相手の女賭博師。

ホテルの陽気でコミカルなオーナー、カルロス。

皆キャラが立っていて140分の長尺だが全然飽きずに観ていられた。

 

いい奴らだったな、とさわやかな気分が残る娯楽作。

スタンピーいいキャラだったなぁ、と思ったら

ウォルター・ブレナンは以前の撮影中、馬に蹴られて歯をかなり失っているらしい。

それで独特の喋り方なのか・・・

アカデミー助演男優賞3回(唯一)の名脇役ということに納得。

 

 

「皆殺しの歌」が作中テーマとなっているが、これはテキサス独立戦争(よく知らなかった)時にアラモの砦を包囲したメキシコ軍が歌った歌が元になっているとか。